ソフトバンク回線 U-mobile&b-mobileから開始!iPhoneで使える格安SIM比較

sbkaisen

本格的にSoftBank回線の格安SIMが3月22日に新しくスタート!

日本通信(株)からリリースされた『b-mobile S 開幕SIM』、U-NEXT(株)からリリースされた『U-mobile S』はソフトバンク回線を使った格安SIMとして初めて本格的にスタートしたサービス。

この2つについて、詳しくご紹介していきます。

U-mobile S ソフトバンク回線の格安SIM開始

U-mobile SはU-NEXT(株)がリリースしたソフトバンク回線格安データSIMのサービスです。

U-mobile S プラン

U-mobile Sのプランとしてリリースされているのは現在データSIMのみ。

1GB・3GB・7GB・30GBから選ぶことができます。

U-mobile S 開幕 SIMの取り扱い店舗一覧

U-NEXTストア
 ヨドバシカメラ
 ビックカメラ
 PC DEPOT
 ピーシーデポスマートライフ店
 ZOA
コジマ(⼀部)
 ソフマップ(⼀部)

b-mobile S SIMならSoftBankのスマホOK!

bmobile

これまでの格安SIMのほとんどはau回線 / docomo回線を使うものだったため、Softbankユーザは『SIMロック解除』が必須となっていました。

今回リリースされた『b-mobileS開幕SIM』ではSoftbank回線が使用されているため、SoftbankユーザはSIMロック解除をせずにそのままソフトバンク端末のSIMだけを差し替えて使うことができるというのが最大のメリット。

二台持ちの二台目として前に使っていたソフトバンクのiPhoneを格安料金で使いたいという時にぴったりのサービス!

日本通信b-mobile S 開幕 SIMの商品説明

b-mobile S データプランの種類

データ容量 b-mobile S 開幕 SIM 料金
 1G 880円
 3G  1,580円
 7G 2,980円
 30GB 4,980円

b-mobile S 開幕 SIMの取り扱い店舗一覧

スマモバ
ZOA
PC DEPOT
ビックカメラ
U-NEXTストア
ヨドバシカメラ
大手eコマースサイト
日本通信オンラインストア(b-Market)

U-mobile S と b-mobile S SIMの比較

U-mobile S」と「bmobile S」SIMの内容を比較するとこのような感じです。

U-mobile S b-mobile S
SIM
カード
 ナノSIM / microSIM  ナノSIM / microSIM
対応端末 iPhone5以降
iPad全機種
iPhone5以降
iPad全機種
初期費用 3000円+384円 3000円
プラン
種類
1GB,3GB,7GB,30GB 1GB,3GB,7GB,30GB

U-mobile Sとb-mobile Sの条件はほとんど同じといえますが、U-mobile S の場合には初期費用として3000円の登録事務手数料+384円のSIM発行手数料がかかる点でU-mobile Sのほうがすこし割高となっています。

ソフトバンク系回線で音声通話ならY!mobile(ワイモバイル)

ymobile
Y!mobileはソフトバンク発の格安モバイル。

使用しているのはSoftbank回線ですが、ソフトバンク端末にY!mobileのSIMを差し替えて使うことはできないので、実際にはau・docomo回線の他の格安SIMと同じくSIMロック解除をする必要があります。

プラン  データ容量 通話  価格
スマホプランS 2GB 10分以内無制限 1,980円
スマホプランM 6GB 10分以内無制限 2,980円
スマホプランL 14GB 10分以内無制限 4,980円
データプランS 1GB 1,980円
データプランL 7GB 3,696円

Y!mobileのメリット

  • 通話無制限10分は他の格安SIMと比較してお得。
  • 取り扱い店舗が多い。

Y!mobileのディメリット

  • ほかの格安SIMと比較すると料金が高め
  • 2年間の契約の縛りがある。(2年以内の解約は9500円)

電話をかけることが多い人や、一回の通話が5分を超えることが多いという人はY!mobileのプランでお得に使うことができます。

他の格安SIMでも無制限の通話がついているものは多くありますが、ほとんどは3分まで(mineoなど)、5分まで(BIGLOBE SIMなど)で、しかも別料金として600円~800円程度が基本料金にプラスになるため、それを考えるとY!mobileのコミコミのプランは魅力的。

ワイモバイルオンラインストアはこちら

U-mobile(ユーモバイル)無料通話プランも魅力

umobile

プラン データ量 通話 価格
 SUPRトークS  2GB  10分無制限  1,980円
 SUPRトークM  6GB  10分無制限  2,980円
 SUPRトークL  12GB  10分無制限  4,980円
 データ1GB  1GB  –  790円
 データ5GB  5GB  –  1,480円

U-mobileのメリット

  • 通話無制限10分は他の格安SIMと比較してお得。
  • データSIMを1GB790円~から選べる。

U-mobileのディメリット

  • 6カ月の縛りがある(6カ月以内の解約は6000円)

今回はY!mobileのプランと最も近いものをチョイスしましたが、U-mobileにはこのほかにも25GB(2,380円)のプランや、LTEが使い放題になるプラン(2,730円)など、多数のプランがあることが特徴です。

U-mobile独自のSIMとしては『USEN MUSIC SIM』(2,980円)があり、名前の通りUSENが聞き放題になるSIMなのでいろいろなジャンルの音楽を定額で楽しみたい人にはオススメ。

格安SIMの選び方のポイント!

格安SIMの種類としては『データSIM』『通話SIM』の2種類があります。

iPadなどのタブレットでインターネットだけ使いたい人はデータSIM、iPhoneやAndroidのスマホでインターネット+通話が必要な人は通話SIMを選べばOK。

さらにSIMを選ぶ時に把握しておくと便利なのは次のこと↓

  • 現時点での1カ月のデータ使用量。
  • 現時点での1カ月の通話量と通話の頻度。
  • 一回の通話の長さ。
  • SNSや特定のアプリへの依存度。

選び方ポイントその1

格安SIMのプランは大手キャリアに比べるととてもシンプル。

ほとんどの格安SIMの場合、月間のデータ上限に応じてS、M、Lなどのプランが用意されているだけなので、まずは乗り換え前の月間データ使用量を把握しておくと格安SIMのプランを選びやすくなります。

現在のデータ使用量は各キャリアのユーザ専用ページ(Myソフトバンク、dメニュー、お客様サポートページetc)から確認できます。

選び方ポイントその2

現時点での通話の頻度や一回の通話時間などを把握しておくのもSIM選びのポイント。

格安SIMでの通話料金は20円 / 30秒が一般的ですが、今回紹介したようなプランでは10分までの通話なら何度かけても基本使用料に含まれ、加算されることがありません。

SIMの提供会社によって、3分まで / 5分まで / 10分まで・・という具合に無料通話時間の限度が違うので自分の通話時間の傾向を把握しておくとSIM会社を選びやすいでしょう。

選び方ポイントその3

格安SIMの中には『カウントフリー』というシステムを売りにしているものも多くあります。

カウントフリーとは、特定のアプリやサイトの閲覧で消費するデータをカウントしないというもの。

メジャーなものとしては次の様なものがあります。

BIGLOBE SIM『エンタメフリー』
YouTube,AppleMusic,GooglePlayMusic,AbemaTV,Spotify
LINEモバイル
LINE,Twitter,Facebook,Instagram
FREE TEL SIM
ポケモンGo,LINE,WhatsApp,Twitter,Facebook,Instagram

最大2ヶ月間無料でお試しで使える格安SIM U-mobileトライアルキャンペーンの詳細はこちら!