U-mobile LTE使い放題!月額データ量オーバーの心配無用!

ltetsukaihodai

「SIM契約するなら高速通信(LTE)のSIMにしたい、できれば上限ナシで使いたい!」という人にイチオシなのがU-mobileの『LTE使い放題プラン』。

通常格安SIMでデータ量8GB程度のSIM契約をすると月額が3000円程度かかりますが、U-mobileの『LTE使い放題プラン』なら同程度の料金でもデータ上限ナシで利用できます!

今回はそんなU-mobile『LTE使い放題プラン』の料金、実際の通信速度や便利な通話オプションについて紹介していきます。

U-mobile LTE使い放題プランの料金

U-mobileの『LTE使い放題プラン』の種類は全部で3種類です。

プラン 容量 月額基本使用料 最低利用期間
通話プラス  LTE使い放題 使い放題  2,980円 6か月
通話プラス  LTE使い放題2 使い放題  2,730円 12か月
データ専用  LTE使い放題 使い放題  2,480円  なし

LTE使い放題なら月額データ量オーバーの心配無用!

大手キャリアでありがちなデータ量の問題Top3

  1. 締日近くになると毎回『通信制限』でネット読み込みが激重に・・・!
  2. 少ないデータ量で契約しているが結局『追加データ』を購入している。
  3. とりあえずデータ量多め、月額料金高めのプランにしている。

大手キャリアのプランを契約していて上のようなパターンに陥っているという人はU-mobileの『LTE使い放題』に乗り換えを考える余地ありでしょう。

『LTE使い放題プラン』は文字通り高速のモバイルデータ通信を上限なしで使えるプランなので、YouTubeやニコニコ動画、SpotifyやApple Musicなどの比較的データ消費の多いアプリを日常的に利用するという場合でも安心。

どのプランを選択しても月3000円以下に抑えることが可能です。

『U-mobile LTE使い放題』にすると年間5万程度安くなる!?

一般的な大手キャリアとU-mobileの月額料金をザックリ比較するとこのような感じ。

  • 大手キャリア=月額料金8000円(内訳:基本料金+データ標準)
  • U-mobile LTE使い放題=月額料金4180円(内訳:基本料金+60分通話 / 月)

月ごとに見ると4,000円程度、年間で見ると45,000円程度も安くなります。

安さのワケと通信速度

「安いのはありがたいけど、通信速度がおそいんじゃないの?!」「そもそも安いのにはウラがあるはず」と思う人がいるかもしれませんが、結論からいうとその点においては心配は無用。
U-mobileのプラン料金が大手キャリアに比べて安い理由は・・・

  • 回線を大手から借りているので、基地局などの設置費用がかからない。
  • 実店舗(docomoショップ、auショップなど)を展開していないので人件費などのコストがかからず、プラン料金の原価を低く設定できる。
  • 広告費に膨大なお金をかけていない。

逆に言うと大手キャリア料金にはこれらの設備投資や人件費、広告費などが料金に含まれているということになります。

U-mobile LTE使い放題の実際の通信速度は・・・

U-mobileの通信設備はdocomoから借りているものなので、通信エリアや通信速度(最大値)はdocomoに準じたものになっています。(最大値は上り375Mbps / 下り50Mbps)

ただし、実際の使用でこの最大値が出るということは稀。

実際にU-mobile LTE使い放題のSIMを使用した時に出る平均的な速度値がこちらです。

(実際のユーザによる複数の平均値をまとめたものです。)

※上り=アップロード(メール送信etc)・下り=ダウンロード(サイト視聴etc)

時間帯 上り 下り
 朝(9時~10時)  2.5Mbps程度  25Mbps程度
 昼(12時~13時)  0.4Mbps程度  6Mbps程度
 夜(17時~18時)  7Mbps程度 1Mbps程度

YouTubeなどの再生もサクサク!

「通信速度を見ても実際の使用感が分からないヨ」という人もいると思うので、例としてYouTubeの視聴で画質ごとに必要な通信速度(動画がひっかからず見られる速度)をザックリとまとめてみました↓

  • 144p(最低画質)・・・180kbps程度
  • 240p(低画質)・・・270kbps程度
  • 360p(標準画質)・・・530kbps程度
  • 480p(高画質)・・・800kbps程度
  • 720p(超高画質)・・・1.8Mbps程度
  • 1080p(超高画質)・・・3Mbps程度

つまり、常に最低1Mbps以上の速度が確保できるU-mobile のLTE回線であれば『YouTube』(480p高画質)をいつでもサクサク再生できるということなのです。

もちろんアップロード速度(メール送信etc)は動画再生よりデータサイズが小さくなるので、メール送信などの動作は全く問題ナシ。

ここでの1Mbpsというのはトラフィック混雑時の最低の平均値として計測されているものですが、利用者の多くない時間帯であれば、これよりも高速で利用できるということになります。

※ちなみに、一般的なYouTube動画はデフォルト画質(自動的に選択される画質)として『360pまたは480p』に設定されていることがほとんどです。

LTE使い放題とLTE使い放題2の違いは?

LTE使い放題プランと、LTE使い放題2プランの違いは、『最低利用期間』(いわゆる縛り)です。

LTE使い放題プランの場合には6か月以内の解約で手数料6,000円、LTE使い放題2プランの場合には6か月以内の解約で9,500円・7~12か月以内の解約で3,500円がかかるという違いがあります。

月額にすると250円の差ですが、「他のSIMに移るかもしれない」という人はLTE使い放題プラン(もしくは縛りのないデータ専用プラン)にしておいた方が無難でしょう。

LTE使い放題データ専用プランでも通話ができる

データSIMだと通話機能が一切使えないと思う人もいるかもしれませんが、心配は無用。

U-mobileの専用アプリ『U-CALL』を使えば、データプランの端末からでも一般固定電話や携帯電話など、通常と同じように発信することができます。

一般の回線とことなるのは使用するのが電話回線でなくインターネット回線を介した通話回線というところ。

IP電話と同じシステムですが、『U-CALL』の場合、通話音質はIP電話よりも良いというのが魅力です。

電話パック60(月額800円)がおトク!

LTE使い放題につけることのできるオプションとして用意されているのが『でんわパック60』。月額800円で月に合計60分までの通話ができるオプションです。

オプションを利用しない場合には1分40円の通話料金ですが、オプション利用時にはなんと1分13円(通常の1/3)の格安料金になります。

月の通話時間が60分を超えた場合もご心配なく。この場合は1分20円で利用することが可能です。

 U-mobile『LTE使い放題プラン』への乗り換え手順

現在大手キャリア(au / docomo / SoftBank)の契約をしている場合の乗り換え手順がこちら。手続きはすべてネット上で完結するので、あとは2~3日で届いたSIMに差し替えればOK!

  1. (au・SoftBankのスマホを使っている場合はキャリアのサイトからSIMフリー化する)
  2. キャリアのサイトからMNPの予約番号を取得する。
  3. U-mobile申し込みページから必要な情報入力+必要書類の添付をし、送信する。
  4. 3日ほどでSIMカードが届いたらU-mobileのSIMに差し替え、APNの設定をして完了。

通常SIMの乗り換えをする場合にはSIM発送してからSIMが届くまでの間の2~3日、インターネットを使えない期間がありますが、U-mobileの場合にはSIMが自宅に届いてから自分で開通手続きを行うことができるので、インターネットが使えなくなる時間は1時間程度でSIM乗り換えをすることが可能になります。